神戸製鋼は割安なのか?

勉強会にて、5406神戸製鋼についての話が出たので、投資先としてどうなのかを考えてみたいと思います。

神戸製鋼業績

引用元:神戸製鋼有価証券報告書

過去5年の業績をざっと見てみると、とりあえず純利益が出ていないことが1番気になるところ。

利益が出ている期もあるが、なんとも安定性に欠けるというか…

投資キャッシュフローには毎期1000億円ほどは必要で、固定資産取得がほぼ占めており、設備投資に大きくお金が掛かっている模様。

損益計算書を見ると、29年分は売上高1,695,864に対し原価1,465,577で、そこから販管費を引いた営業利益は9749…

営業利益率は…9749÷1,695,864≒0.005…
ほとんど残ってないね…売上高から経費を引いたら1%も残ってないです…

営業利益は本業で稼ぐ力です。これが少ないのは死活問題…
とくに製品や技術を売りにしているならなおさら…金融系なら上手に投資して投資先が稼ぐなら問題ないんですがネ…。

純利益が出ている27年分の損益計算書を見てみます。

売上高1,886,894に対し営業利益119,460…

営業利益率は119,460÷1,886,894≒0.06…
6%ほど…利益率は良いとは言えない…

利益がそこそこ出ていて前期より少し少なくなったぐらいならまだ投資先としては良いかもですが、営業利益率も良くない上、赤字になる期もあるので、長期投資には向いていない銘柄のようです…

いくら大手といえど、しっかり利益を出してくれないと不安ですし、投資家を超リッチにしてくれそうな銘柄ではなさそうですね…

1株あたり純資産が約1860円となっており、11/20現在は株価が1000円ちょっとなので単純に純資産からみた株価は割安に感じますが、固定資産にそれだけの価値が本当にあるのかは非常に評価が難しい。

負債合計が1,581,031で流動資産が1,044,322なので、負債を完済するためには固定資産に数字として出ている額の価値がなければいけない。

キャッシュフロー計算書を見ると、現金及び現金同等物残が200,417で長期借入金が177,857…

間近の資金繰りは借入に頼っているように見えます…。前期も同じような感じ。低金利では有効のようには思います…

現金を残らず使っていることには関心しますが、利益がしっかり出ているなら…の話。

売上高に対する原価が非常に掛かっているので、競争が激しく、コストを製品や技術に反映して利益とするのが難しいように思えます。

勉強会で質問されたYさんは、同じような業種の方だったので、同じ分野として管理人よりも業界の知識があると思いますので、有利に判断することができる可能性がありますが、管理人にとっては未知の業界なので、財務と収益力のみでしか判断できません。

規模も大きく、単純に純資産からみたら悪くないように感じますが、本業の利益が安定しないことが投資先としては微妙…と思ってしまいます。

規模が大きいと同業他社からすれば障壁になるのは理解できますし、大きくなればなるほど資本を使って利益を出すのが難しくなるのも理解できます。

人が作る物には基本的に人しか価値がわからない。人の数も資源も土地も限りがありますからね。。地球に生まれた以上、地球に存在するもの以上を見込むことはできませんので。

神戸製鋼の業界シェア率なんかは調べませんでしたが、世界的にシェアが高ければ安定して利益を出すポテンシャルはあるかもしれません。そうなれば株価にも反映されていくことでしょう。

神戸製鋼の品質問題により株価が下落し、最高の買い場を与えてくれたかは、これからわかることになるでしょうが、問題が明るみに出る前の収益から判断すると、今が買い時!とは言い難い。

詳しくない分野で、イメージもあまりできない業種ですので、比べていいのか疑問ですが、投資本に出てくるUSスチールの株価推移を載せておきます。

USスチール長期株価

引用元:ロイター

長期的に見ても安心して虎の子のお金を預けるのは怖い…。インフレも価格に転嫁できていないよう…。USスチールの業績は見てないですが、業績が良ければ、投資大国アメリカでこの企業が安く放置されているとは思えません。

もしかすると業種自体が投資家には微妙な可能性がありますね。

バフェット氏は飛行機は世の中を便利にしたが、航空に投資する投資家を裕福にはしなかった。といっています。
ジョークで、ライト兄弟を航空業界に投資する人のために暗殺するのが良かったと、スノーボールで書いてあった記憶があります。

いくら世の中を便利にしたものでも、いくら規模が大きくても、投資家を裕福にしてくれる投資先なのかは、必ず結びつくというものではないということです。

関係者の中では神戸製鋼の品質にそこまで問題がないという向きもあるようですが、一度こういうことが起こるとブランドとしての価値は、少なくとも傷が入るものと思います。今後回復してくれれば良いのですが…。

管理人としては、わからなさすぎて手を出しませんし、業績も目を見張るほど良いとも言えないので、管理人の投資基準には当てはまりませんでした。。

配当金も赤字のときは出ていないようですね。

以上です。