1. ホーム
  2. 証券会社選び
  3. 証券会社を選ぶ

証券会社を選ぶ

株を学ぶ前に証券会社を選び、口座を開設しましょう!(ネット証券のみ)
お部屋探しでも仲介業者いますよね?同じような感じです。

口座開設までには多少時間がかかるので、株を学ぶ前に書きました。口座開設するのに料金や手数料はかからないですし、維持費などもかかりません。(今のところ)開設しといて損はなし!

自分に合った証券会社を!

証券会社といっても結構いろいろあります。株取引手数料が安い、外国株に力を入れている、株を調べる機能に力を入れているなど…。

正直似たりよったりが多いので、管理人が使っている、または開いといたらいいかも!と思うところだけ大々的に紹介していきます。

マネックス証券

『米国株ならマネックス!!』

管理人の御用達の証券会社になっとります。初めて使ったとき使いやすかったのと、米国株に興味大!だったので。米国株の取り扱い数No.1!!米国株手数料は最安です。(SBI証券も2016/8/8に同じになっちゃった…。)さらに米国株の時間外取引があり、24時間注文受付が可能なのはマネックスだけ!(メンテナンス時はムリだし、結構メンテ多い…)国内株手数料も30万円以内なら他とそこまで大差ない。ここだけあれば意外に大丈夫かも?

楽天証券

『楽天銀行と一緒に使うとお得!』

楽天証券と楽天銀行を開設し、楽天銀行にお金を預金するだけで金利が0.1%もつくんです!今時預金するだけで0.1%なんて破格であります…。楽天銀行は他口座との入出金サービス提携も多く、ネットバンキング、コンビニATMでも使えますし、使い勝手が非常に良いので開く価値は大きい。外国株、外国債券以外に、*FXにも興味ある方は資金移動の手間が省けるので、良いかもしれない。

SBI証券

『マルチ型証券!!』

国内、国外共に取り扱っている商品が多いので便利かと思います。管理人は米国株に興味大なのでマネックス寄りですが、SBI証券で外国株でもなんら支障はないと思われます。※SBIだけ米国株の*貸株サービス、『カストック』があります!米国株はもちろん、それ以外の国の商品多い。国内株の高額売買手数料も安い方ですし。管理人はサブ的な位置で開設しましたが、メインで使うのも◎

以上3つ挙げましたが、投資スタイルや使い易さで自分に合った証券会社は変わると思います。管理人は頻繁に売買せず、買ったら基本ほったらかしなので、使い易さ優先、手数料はバカ高くないなら気になりませんが、頻繁に売買しようと思っている方にとって、手数料は大変なコストになるかと思いますので、証券会社選びはより重要になるものと推測します。

メイン口座と、メイン口座になにか不具合があった場合を考えて、最低2つか3つの口座さえあれば大丈夫かと。使用用途で口座を分けるのも◎だと思います。(国内株専用、外国株専用、トレード専用など。)