1. ホーム
  2. お金とは…?

お金とは…?

お金で買えるものはなんでも買える。とても魅力的です。見た目はただの紙切れなのに!です。その価値は知っている者同士でしか効果を発揮しないのに!です。犬や猫にはお金なんていりません。生きていくための物、すなわち食料さえあればよい。。住処もあればなお安心して暮せるでしょう。世界中見渡してもお金に価値がある!と直観的に判断できるのは人間だけじゃないでしょうか。

今のお金に至るまでの大まかな流れとしては、物々交換→硬貨登場→紙幣登場→紙幣と電子マネー(現在)といった具合でしょうか。

硬貨あたりからお金と呼べるのかな?過去日本では、禄高といって米で測る時代もあり、今の紙幣に代わってお金の役割をしていたので、お金というと定義が難しい気がします。。ただ、一つだけはっきりしていることが!

お金とは!!①
ものさし。お金があることで、物や労働などの価値測定ができる。あらゆるものの値が、お金というレンズを通ることにより、可視化できるようになる。

書いていて混乱してきます。お金といったら皆が大好き!福沢諭吉さん(1万円)を思い浮かべますが、ただ単にお金というと、金貨であったり、米であったり、広く流通していて皆が決済手段としてOKならそれもお金になるってことですかね。

通貨の価値

紙切れなのに物が手に入る。摩訶不思議。いや、ほんとに。。管理人が初めて海外に行ったとき、間違えて日本円を出したときがあります。そのときの外国の方の反応…苦笑い!支払い1ドルに対し1万円を出して、釣りは要らないと言っても受けとらないでしょう。気転が利く切れ者なら自身のポケットマネーから1ドルを投入して、1万円を手に取るはず。だがそうならない!なぜなら、国の通貨は法律で定められている!法貨です。決済は法貨で行うことになっているんです!偽造もNG!勝手に他の通貨を創ってもNG!わー、法律で守られてて安心ネー!皆がそう思うから成り立っています。本質は紙切れです。管理人が生まれた瞬間から通貨はすでにあります。法で守られ、使うことを余儀なくされ、お金(自国通貨)があればなんでも買えるー♪と、ある意味刷り込まれているのです。

投資を勉強していなければ上記のように、1ドルが1万円に化けるのを避けたのは自分になるところです。結局なにが言いたいのかといいますと、自国通貨を信用しすぎ、お金や経済、投資の勉強をしないと、価値本質を見失ってしまうということです。

お金(通貨としての)とは!!②
皆が価値があると思うからこそ、その価値が保たれる。裏を返せば、信用がなくなると本当に紙切れになる。

通貨の価値を維持しているのは皆の信用です。管理人は米国株にも投資していますが、理由の一つに基軸通貨であるドルを信用しているからというのがあります。正直、日本の国としての未来はちょっと不安すぎます。。円貨よりドルを選び、通貨より株を選びます。通貨の価値があるときに、買える時に買っておくのが最良だと学びとったのです。人間最低限生きていくのに必要なものは、衣・食・住です。通貨はそれらの取得、維持するための手段でしかありません。最低限必要な物を提供する企業は、仮に通貨がなくなっても、多くの人に支えられ、続いていくのではないでしょうか。

お金とは!!③
ある目的を達成するための道具。

通貨の価値、信用を維持しようとしているのは国です。政府が法整備し、中央銀行が独占して通貨を発行できるようにします。通貨の発行は戦費調達の手段として行われており、主に政府を相手にしていたことが過去から学び取ることができます。なので、銀行>政府の図式になるかと。。政府と銀行、ズブズブの関係です。

国は覇権を独占、中央銀行は通貨発行権利を独占、これが維持できれば民のことは後回しでよいのです。あとは小難しくしてしまえば通常考えることが億劫になります。独占して、なくてはならないものと依存させるのです。

金剛組ってご存知の方多いと思いますが、創業して1000年を越える宮大工企業です。一度経営難に見舞われますが、今でも残っています。この間、国の覇権とお金の基準はコロコロ変わっています。通貨の価値とは所詮そんなものなんだ、と頭の片隅に置いておきたいです。

お金の実態

政府の債務→中央銀行通貨発行→政府の預金→民間へ→民間銀行へ→民間銀行資産(債務)→さらに貸し出し、といった具合でしょうか。お金(通貨)の出回り方です。今でこそ中央銀行の国債引き受けは禁止されていますが。。

法貨として定め、流通しているお金は、元は政府債務と言えるんじゃないでしょうか。なので、政府が借金をすべて返済したら、流通するお金は…0になると言えます。中央銀行が刷ったお金が中央銀行に戻るだけ。出回るお金すべて消失します。誰かのお金は誰かの借金です。お金の構造です。政府が借金を返すには出回るお金を吸収(増税)するか、お金を刷るしかありません。正直、政府の御意向次第となります。。お金というものは。増税すれば覇権が揺らぐし、いくら中央銀行が独立しているといっても、デフォルトされるより、お金を刷って責任を先延ばしすることを選びます。お金は腐らないが、人間は寿命がありますので。。仮にデフォルトしても、新しい基準のお金を作るだけですけども。。

お金とは!!④
元をたどれば政府の借金。すべて借金を返済すれば0になる。世からお金が消失する。

まとめ

お金とは。。

  • 債務から生まれる
  • 信用を元に成り立っている
  • 一定のものさしになる
  • 目的を達成するための道具

債務があって初めて生まれ、その債務の弁済ができると信用を元に成り立っている。そして、皆が信用するからこそ一定のものさしとして機能し、最終的に生きるために必要な物を手に入れるための道具として使用できる。

お金は腐らない、持ち運びが容易、広く出回っている。を満たせば、なんでもお金になることができる。(利便性がよく、信用があるなら)

正直、管理人はお金の専門家ではないため、お金について説明できる立場ではないのは承知しています。今までの勉強で得た知識を大まかに書いておくのを主とし、お金とはおおよそこんなものであると、管理人の主観と、思ったことを書いているにすぎません。

この記事を読んでいただいた方が、普段使うお金について興味を持ち、お金について考えるキッカケになればこの上ない喜びです。

現実問題お金は身近すぎて、当たり前すぎて、無頓着になりやすいです。あれば使い過ぎてしまうし、なければ生活すらできません。。もっとお金について知ることから始めて、より良い生活を送るために有意義に使っていきたいですね!(学校じゃ教えてくれないからね!激怒)

このあたりは知財図書で紹介している、”マネーを生みだす怪物”を読むとものすごく理解が深まると思います。政治家や中央銀行が財務テク、金融工学を駆使して景気を良くしようとする必要性があるのか。数字の操作より生み出す価値本質に目を向けることの重要性を感じさせます。